369

世界の美しさ、豊かさ、多様性 …
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月

いよいよ今週末開催!「インド映画講座」アヌシュカー・シャルマー

いよいよ、今週末に開催する松岡環先生の「インド映画講座」。

前回のブログでもお伝えしましたが、今回は、人気絶頂のアヌシュカー・シャルマーにフィーチャーします。



「『pk』を観て、アヌシュカーのファンになりました!」

「インド映画初心者ですが、参加して大丈夫ですか?」

「最近のインド映画しか知らないのですが、受講してもいいでしょうか?」 等等、お問合せを頂いています。

インド映画初心者の方も、『pk』を観てアヌシュカーのファンになった方も、松岡先生が優しく分かりやすく教えてくれますので、どうぞ安心してお出でくださいませ。

今回は、アヌシュカー・シャルマーのデビューから現在までの作品の選りすぐり動画をたっぷり観賞しながら、その魅力に迫っていきます。

松岡先生が、アヌシュカーに直接ロングインタビューしたときの裏話もお聞き逃しなく。
そのインタビュー内容も、当日、資料としてお配りしますのでお楽しみに!

2018_02112.jpg

ラスト30分のヒンディー語講座は、映画のセリフや歌を通して覚えられるユニークなお勉強タイム。

長年インドに通い続けている松岡先生ならではの体験をもとに、インド人が大喜びする映画のセリフ等も出てくるかもしれません。

お仕事等でインド人と接する機会がある方、インド人との距離を縮め、円滑なコミュニケーションをはかりたい方も、一度受講してみませんか?

『ムトゥ 踊るマハラジャ』 『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『きっと、うまくいく』 『女神は二度微笑む』 『pk』など、大ヒットインド映画の字幕を多数担当した松岡先生が、直々にヒンディー語を教えてくれるのは、唯一、この講座のみです。

先生と参加者の距離が近いのも、この講座ならでは。
質問タイムには、日頃の疑問をとことん聞いてみてはいかがでしょうか。

毎回、松岡先生から受講者全員にステキなプレゼントもあります。

さらに、恒例のポスタープレゼント企画も。

盛りだくさんの「インド映画講座」ですが、受講料は、なんと、松岡先生がカルチャーセンター等で教える講座の約半額なんです。

関東のみならず、関西圏や外国からも参加者が集まる人気講座。

アヌシュカー・シャルマーの特集は今回で終了となります。お席も、あと数名で満席となりますので、興味がある方は、ぜひご連絡を。

講座詳細・お申込み等は、こちらから


an2.jpg

私のお気に入り『pk』シーンはこちら


みなさまのご参加を心よりお待ちしています。





スポンサーサイト

「インド映画講座」アヌシュカー・シャルマー

「インド映画講座」のご紹介をします。

講師の松岡環先生は、インド映画研究の第一人者です。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』 『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『きっと、うまくいく』 『女神は二度微笑む』 『pk』など、大ヒット映画の字幕を多数手がけ、2015年には「インド映画完全ガイド」を出版。カルチャーセンターやイベントでの講師、大学でも教えている著名な方なのですが、いつも気さくで優しく、ユーモアにあふれています。

2018_01230.jpg

そんな松岡先生との出会いは、今から7年前に遡ります。

近所のデポー(スーパーマーケットのような所)で、たまたま居合わせたときに、
「もしかして、インド方面によく行かれる方ですか?」とお声かけしたのが、ご縁の始まりでした。

お話するたびに、凛とした姿勢や懐の深さ、根底に流れる慈愛に触れ、惚れ惚れするのです。

カッコイイ大人が身近にいると、人生が華やぎませんか?

どこにも属さず、フリーランスで活動する私に、いつも目が覚めるような清々しいアドバイスをくださるのも松岡先生です。

「環さんが男だったらなぁ!」と、何度、思ったことか。



私の依頼を快諾してくださり、約3年前に『インド映画完全ガイド』出版記念講座が始まりました。

受講者のみなさんも好奇心旺盛で遊び心が丸い。この「インド映画講座」は、私にとって喜びであり、楽しみであり、毎回、温かくなごむ憩いの場でもあります。


昨年の「男優シリーズ」に続き、今期のテーマは、「女優が輝くボリウッド映画の魅力」。

毎回一人の女優さんにスポットをあて、デビューから現在までの選りすぐり映像を多数とり入れながら、その魅力に迫っていきます。



そして、今回登場するのが、インド映画界に彗星のごとく現れ、大物俳優と次々に共演し、立て続けに大ヒット作を飛ばすアヌシュカー・シャルマー。

ボリウッド最強ともいわれる、彼女の強運の秘密とは?

松岡先生が、直接インタビューしたときの裏話を聞くと、なるほど~!と納得。

次回は、2月17日(土)15:00~。1月20日の回が満員御礼だったため、アンコール開催となります。

▼「インド映画講座」アヌシュカー・シャルマーの詳細はこちらです。
http://home.v05.itscom.net/rati/movie_anushka.html


▼こちらも。「アジア映画巡礼」インド映画連続講座2月は「アヌシュカー・シャルマー」リターンズ
http://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/e/46fde6d89f19fc9fd08c539c34cfe682


▼アキラという役名で主演した「命ある限り」。魅力全開の歌「Jiya Re」もつけておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=smn3mDBOUy4


日常生活に爽やかな風穴をあける「インド映画講座」。

▼お申込みはこちらから
http://home.v05.itscom.net/rati/sa-yoga/form.html




咲きつづける薔薇の花



ピンクの薔薇。

この優しい花が、わが家に来たのは、去年の12月10日でした。
以前の職場仲間が、忘年会のときに持ってきてくれたのです。

それから、1ヵ月以上、美しいシェイプを保ったまま咲き続けています。

長持ちさせるための薬剤などは一切使わず。しかも、年末年始は、家にさえおらず、カーテンは閉めたまま、水替えもせず放置。

それでも、ひと月以上咲いている薔薇って、すごくないですか?

お正月が終わって、約一週間ぶりに帰宅すると、6本のうちの2本が綺麗に咲き続けているではありませんか。

びっくり仰天!

「こんなことがあるのか~」と、トキメキつつ。
こんなに長持ちする薔薇を扱う花屋さんは、どんなお店なんだろう…、さぞかし素敵な花屋さんだろうなぁ、と興味を持ちました。

そこで、この花を購入した友人に聞いてみたのです。

「今度、誰かに花を贈るとき、ぜひそのお店を利用したいから、店名等を教えて」と。

友人からの返事は、

「あの薔薇は、近所の普通のスーパーで買った。だから、店売のみで、配送サービスはないよ。」

「!!!!」 ←このときの衝撃は言葉にできません。。。

ピンキー(薔薇につけた名前)は、どこまで私を驚かせたら気が済むのでしょうか。

2018_0110_2.jpg

今日も、可憐に咲き続けるピンキー。

見るたびに、愛おしさと、静謐さが拡がります。

こうなると、枯れ果てても、ゴミに出すなんて、とうてい無理。

お別れのときが来たら、土に返そう。

「ありがとう」の心を込めて。




お散歩日和

時間があるときに多摩川の河川敷を歩いています。

この日は、気温10度。風が少しありましたが、雲ひとつない快晴。
くっきりとした青空が拡がるお散歩日和でした。

太陽の光を浴びながら河原をてくてく歩く。

青く広い空。

まっすぐに続く道。

光りに透けるススキの穂。

歩くたびにカサカサ音を立てる枯葉。

乾いた土のにおい。

ゆっくり深く、光を吸収しながら歩く、歩く、歩く。



川岸で日向ぼっこしている水鳥の群れ、キラキラ光る川面。

黄色と青のコントラスト。

折り返し地点の多摩川浅間神社 展望台からは、すっかり雪化粧した富士山がポッカリ浮かび上がって見えました。

鮮やかな紅葉と美しい緑。

2017_11212.jpg


クリアーな状態で意識的に呼吸することによって、体の痛みや不調が消えることはよくあります。
この日も、歩いているうちに腰痛がなくなりました。

もちろん、必要なときは病院に行きますが、医者や薬に頼りすぎず、自分の中にある治る力を引き出すことは誰にでも可能です。


帰宅したときには、心身ともにスッキリ爽快に。
この清々しさは、小さな悟り体験ともいえるでしょう。

「このスッキリ爽快感を、今日、寝るまで保つ」と明確に意識することよって、それ以降の生活の質が変わります。

パワーというのは、日々の小さな積み重ねで培われます。


今の時期、寒いと感じるのは、「血流が滞っていますよ」という体からのお知らせかも。

本格的な冬になる前に、どんどん身体を動かして、スッキリ爽快体験を重ねましょう。

そして、意識力も育てましょう。



川崎市「高津」駅前で、ヨーガクラスを開講しています。
身体が硬い方、運動が苦手な方も安心の、少人数制ヨーガ。
初回は体験受講できます。
▼詳細はこちら
http://home.v05.itscom.net/rati/c_sa.html




どこでもヨーガのすすめ



「家でもやろうと思うんですが、なかなかできなくて…。」

これは、ヨーガクラスを受講している方からよく言われること。

できない理由を聞いてみると、

部屋が散らかっているから掃除してからやろうと思った。
掃除したら小腹がすいて食べてしまったから後ですることに…。
そうこうしているうちに、買い物の時間。家族の食事も作らなきゃ…。
いざやろうと思ったら、音が気になって集中できないし…。

こんなふうに、自宅でヨーガをするときに、完璧な状況を作ってからやろうとすると、なかなか出来ませんよね


私は、普段、すき間時間を活用することが多々あります。

例えば、料理中。
豆腐の水切りをするため、20分タイマーをかけたら、ヨーガ部屋に移動することもなく、キッチンの横で瞑想します。20分たったら切替えて、料理に戻ります。

洗濯中は、
脱水が始まったら、その8分間で、逆立ちをしたり、片足立ちをしたり…。これも、洗濯機置場隣の居間でやっています。洗濯終了のお知らせ音が鳴ったら、ヨーガも終了します。

このように、あえて、ザワザワしている所でヨーガをすると、集中力が身につきます。パッと意識を切り替える練習にも。

パッと意識を変えられるようになると、同じ思考のなかでグルグル堂々巡りすることがなくなり、疲れにくくなります。頭がスッキリし、視界がクリアになっていきます。

逆に、一日中ヨーガをする時間がある人は、注意が必要です。ダラダラと中途半端な変性意識状態に留まっていると、実生活がおろそかになっていきます。
無気力、無関心、孤独感、厭世観等が出てきたら方向転換が必要です。


電車に乗っているとき、信号待ちしているとき、家事をしているとき…。ヨーガをする時間は、実は沢山あるのです。

スーパーのレジに並んでいるときに、隣のラインはスイスイ進み、自分のラインは全然動かない。そんなときに、イライラしていませんか?

こういう時こそ、いつでもどこでもできるヨーガ呼吸法や瞑想法をするチャンスです

肩の力を抜いて、気楽にヨーガを愉しみましょう。



ヨーガクラスに興味がある方は、体験受講できます。
>>詳細はこちら。